Blog

ブログ

現場レポート④中間検査と防蟻処理【中区G様邸】

6月末に着工しました広島市中区G様邸の現場です。

この日は、建築途中に行う「中間検査」でした。

新築の建物が完成するには、「建築確認」と「中間検査」「完了検査」という2つの大きな審査をクリアしなければなりません。

その建物が、建築基準法などの法令に適合しているかどうかチェックするために、特定工程と呼ばれる工事が済んだ時点で検査を義務付けたもので、中間検査に合格しない限り、特定工程後の工事を続けることはできません。

中間検査合格書が発行されたら次の工程に進んでいきます!

 

次に、必ず実施していることの一つに「防蟻処理」があります。

防蟻とは、薬品の塗布など、住宅の土台や構造材にシロアリなどの被害を防ぐ処理を施すことです。

一般に「防蟻処理」とか「防蟻対策」などと呼びます。

防蟻処理をされているときもお邪魔してきました。

室内外をぐるっと基礎の上から1mの所まで薬剤を塗布されています。(建築基準法では、木造建築の地面から1メートル以内の部分(柱、筋交い・土台など)には必要に応じて防蟻処理をおこなうことが義務付けられています)

塗布後には防蟻処理済のシールが貼られます。

シロアリには比較的強いとされているベタ基礎ですが、シロアリによる食害が全くないとは言えないので、しっかり対策していきます!

関連記事

TOPへ戻る