変形地に建つ家

家デコ2棟目のモデルハウスは、実は上空から見るとL字のような土地に建っています。

南向きながら採光のとれる時間が限られる立地環境のため、キッチン・ダイニングとリビングをスキップフロアで2階に配置。リビングの南・南西面に開口した大きな窓からフロア全体に光が届き、家族が集まるLDKは自然光で明るく開放感のある空間で、外からの視線も気にせず生活できます。

個室以外の空間を完全に仕切らないことで家族の気配を感じながら家の中でもプライバシーをほどよく保ち、これからの新しい生活様式だけでなく家族のかたちの変化や様々な暮らし方にも適応できる住まいです。

いわゆる「変形地」と呼ばれる土地は“希望の家づくりができない“と敬遠されがちですが、敷地の特性を活かした工夫で暮らしやすい空間をつくることはもちろん、変形地だからこそできる家づくりと暮らしを愉しむことができると考えています。

所在地
広島市西区
敷地面積
110.51㎡(33.43坪)
延床面積
103.91(31.43坪)
工法
SW(スーパーウォール)工法
撮影
ボンドナカオ

完成までの様子を見る

OTHER WORKS

TOPへ戻る