Blog

ブログ

LDKを広く使える、壁付けL型キッチン

今お使いのキッチンに不便なところはありますか?“使いやすいキッチン”と言うと、どんなキッチンを想像しますか?

▲写真のような『対面型のペニンシュラ(片方が壁付け)キッチン』を想像する方が多いかもしれません。

リビング・ダイニングにいる人とコミュニケーションを取りやすいのが最大のポイントで、分譲・賃貸に限らずマンション・戸建の多くで採用されているメジャーなタイプです。

中には「匂いが広がっていきそう」「意外と収納が少ない」「ダイニングとの行き来が面倒」という方や、家族や友人と一緒にキッチンに立つことが多い方にとっては通路幅が狭いと使いづらく感じてしまうことも。

かと言って、ゆとりある広さにするとLDが狭くなり、限られた住居スペースの中でのゾーニングが難しい…

そこで、ご提案したいのが『壁付けL型キッチン』。

▲キッチンはグラフテクト

写真右奥が冷蔵庫スペース。広い作業空間を確保でき、集中して調理に取り組みたい方にぴったりです。

▲キッチン幅は合計4m!さらに1.85mの収納が連結しています

一般的なゆとりある通路は90cm~ですが、そのスペースはダイニングと兼用できるので空間を有効に使えます。

冷蔵庫から食材を取り出し、洗い、切って、炒めて、お皿を出し、盛り付ける。という作業が直線ででき動線も悪くないです。(出来上がった料理はテーブルを仮置き場にでき、食べ終わった食器はシンクに運びやすい◎)

家族とのコミュニケーションも取りながら、作業効率を上げ家事の時短につなげる・・・そんな壁付けL型キッチン、今なら実物をご覧いただけます!サイズ感だけでなく、作業動線もイメージしてみてください(^^)

 

 

関連記事

安佐南区古市3丁目に女性目線で考えた「家デコ」プロデュースの規格住宅3棟誕生 TOPへ戻る